セレンがパルチザンどろで狂った?!  強化に手を出し大赤字

セレンはこりもせず氷ケンタ君を燃やしていた。

それはつらいものだった。

体に突き刺さっては消える大量のパルチザン。

そんなに無駄にするのならくれ、といいたくなる。

すぐに死にそうになった。

その度にラーメンを食べた。

しかし、エクスプローションの燃えカスが消えかけたとき、

青色に輝く細長いものが目に飛び込んできた

紛れも無く、本物のパルチザンだった。

「攻撃力+100」・・・・・・

セレンの苦労は報われた。

セレンはその夜、露店に30mでパルチザンを出した。

「希望ヨロ」

露店に書かれたその言葉を無視するように、

次の朝、売れ具合を確認したときすでにパルチザンは手元に無かった。

変わりに、40m近くもの大金が露店小僧の闇サブのポケットからはみ出していた。

調子に乗ったセレンはやはり氷ケンタを狩り続けた。

1回死んだ。

2回死んだ

3回死んだ

わずか15分の間の出来事だった。

氷ケンタ君からパルチザンを奪った罰だ・・・

やっぱりケンタウルスは神の使いだったんだ・・・!!!

セレンは恐れおののきショーワに戻った。

親分でストレス解消を試みた。

2回、銃殺された。

ショックだった。

D子ちゃんになくさめてもらおうと思った。

ペンで刺殺された。

気がつけばかけたはずのMGが切れていた。

セレンは気が狂った。

・・・・・そうだ・・・・・Mバイだ・・・・・あいつしかいない・・・・・他の敵はもうこりごりだ・・・・・

考えるより先に体が動いていた。

気がつけば、船の上で浮いていた。

セレンよりも高いところで浮いている船バルが勝ち誇ったかのように笑っていた。

エリニアに弾き飛ばされたセレンには船待ち時間がだいぶあった。

こんなときは、ゾンママで稼ごう。

やっとのことでゾンママを発見し、倒した。ドクキノコしか落ちなかった。

そして再びソンママの巣に飛び込んだ。

・・・・・・!!

なぜかそこにはすでにゾンママが沸いていた。

もろにあたった。

身構えていなかったセレンのHPは、むなしくもゾンママの接触ダメージを下回っていた。

上から石のようなものが落ちてきた気がするが、あまり覚えていない。

とにかく、なんとかしてルディまでたどり着いた。

フリマを回ってHP強化書と軍手・マントを買い揃えた。

小一時間の間に何回アイテムが砕け散るのを目にしただろう。

気づけばすでに10mの損害。

出来た装備はカスばかり

f0061504_22162575.jpg


なんでこんなアイテムに強化したんだセレン。

そこは、今の時点では、

セレンの無意味なこだわり―さすがに体操帽姿で狩るのはイヤダ―

ということにしておこう。

f0061504_22181179.jpg


コレはセレンにしては立派に張り付いた方だ。

5枚目くらいのマントだ。

これが出来るまでの間に化け物マントが闇へ・・・

酸素ボンベが闇へ・・・

セレンは投げやりになっていた。

アイテムを失うことの恐怖心を失っていた。

手袋は・・・

30%が1発成功、70が5枚、張り付いた。残りUG1。

みんなの予想通り、セレンはコレも闇へ葬りました。

セレンは気が気ではなかったので、SSを撮り忘れた。

結局死殺sに叫んでもらって盾を12.5mで購入した。

f0061504_2222923.jpg


その後フリマをめぐってHP軍手にありついた

f0061504_22223997.jpg


これで、Mバイが狩れそうだ。

効率がいいことを祈る・・・というより、良くないとキレる。
[PR]
by virulentseren | 2006-10-30 22:26
<< テストの合間に更新。明日からま... やるわぃ >>