ミュージック・アワー

高校生活は忙しいが、その分充実している。

歩いていると1つ上の女子に声をかけられる。

「合格発表の時、私、部活勧誘したの覚えてる?」

「あ、はい。あのときの・・・」

「あんなぁ、今度私のラストステージあるねん。それ、暇やったら見に来てなぁ。」

と言ってチラシを手渡される。

「わかりました。(また勧誘かよ)」

「君、目立つよw」

「あ、そうですか・・・・・・ありがとうございます」

(蛍光オレンジのエナメルを持って歩いてたら目立って当たり前か・・・)




スポーツテストの待ち時間に、女子と会話。

「セレン、そのケータイについてるスティッチって彼女からのプレゼント?」

「ぇ!?違うで!俺彼女とか出来たことないし」

「そうなん?みんな言ってるで?何組かに彼女おるって」

「まぢで?!」

「うん。女子の中でな、セレンってカッコイイよね~、でも、彼女いるんやろ?

今度見にいこか~って話になるんよ」

「そうなん・・・?」

「うん。かっこいいって。良かったなぁw」

「ん、んん・・・」



いきなりメールが届く。

「セレン、女バスの中でむっちゃカッコイイって言われてるで!」

「そうなん?」

「ホンマすごいで。ファンクラブでも出来てるんちゃう?」

「そんなに・・・?」



な~んて言う夢のような話を書いてみる。




君が胸を焦がすから、夏が熱を帯びていく。そして僕は渚へと誘うナンバーを届けてあげる。

淡い恋の端っこを決して話さなければ、この夏は例年より騒々しい日が続くはずさ。



気分はもうとっくに夏だぜ!!

水泳部はすでに放課後泳いでるし。。。
[PR]
by virulentseren | 2007-05-03 20:16
<< ライン 3月9日 >>