Sheeo~Song of teenage love soldier~

約束の月曜まではあと1、2日、という土日のこと。

「あの娘」とのメールはまだ続いていた。

「早く月曜にならんかな~。私、もうヤバイねんけどっ」

「俺もヤバイー早く月曜になってほしい」

「ヤバイヤバイー」

「ヤバイなー」

「ほんまやばいー」

「俺ら、やばいっていいすぎやな」

「ホンマやな。でも、ほんまに私、もぅやばいよっ。やばすぎて心臓もたへんっ」

「うん。俺今むっちゃ幸せやわ」

「私も、セレンの幸せを越すくらい、幸せw」

ダラダラとメールは続き、月曜日が来て、授業が終わり、部活も終わった。

と、ここではさらっと書いて済ませるが、本当は時間が普段の5倍ほど、長く感じられた。

それをなんとか耐え抜いて、やっとこさ、時間はやって来た。


セレンは、緊張した面持ちで、待ち合わせ場所である校門に向かった。



keep on lovin' you. 恋の戦士、今僕はここに立ってる。・・・もう二度と引かねぇぞ!
[PR]
by virulentseren | 2007-06-29 18:15
<< Winding Road 愛が呼ぶほうへ >>