元素L

・・・・・・・・・

二人ともドギマギしてて、会話があんまり弾まない。

というより、下校時刻の帰り道には他の生徒が多すぎて、

二人で歩くだけでかなり抵抗があった。

友達を通り過ぎる・・・ニヤッとした変な目で見られる・・・

クラスの女子に驚いた顔で見られる・・・

それでも、隣に「あの娘」はいる・・・

なんとかしてマックに着いた。向かい合う2人席に座る。

ハンバーガーをほおばる顔も可愛いや。

俺は緊張をほぐすためか、無意識にいつもよりもハイペースで食べていた。

あっという間に俺のハンバーガーはなくなり、

「何か買ってきてもいいよ?」と無駄な気遣いまでさせてしまう始末。

「あ、いや、別にいい。」

ポツポツと断続的な会話をしながら、彼女もハンバーガーを食べ終えた。

いよいよ、会話以外にすることがなくなった。

時刻は午後8時。そろそろ帰らないと・・・・・・。

・・・・・セレンは心に決めた。・・・・・・

言おう。

「・・・・・・・・・」

「・・・・・・・・・」

見つめあう。

「・・・・・・・・、はぁ~・・・・・・ドキドキするわ~」

「私も」微笑みながら頷く彼女。

「・・・あんなぁ、俺、○○のことが好きやねん。付き合って、・・・・・、ください。」

彼女から満面の笑みが溢れる。「うん。私も、気になってて・・・」

・・・

よっしゃー!!!!!!

心の中で俺は叫んだ。

その帰り道は幸せそのものだった。

普通に歩いていても電車に乗っていても、隣に初めての彼女がいるし、にやけてしまう。

笑ってしまう。会話はまだぎこちないが、幸せ。

彼女が電車から降りるときのバイバイ、の笑顔が、僕にも数倍になって感染する。

僕は1人で帰り道を急いだ。彼女からのメールも来た。

・・・しかし、家に着いてからがまた1つ、問題だった。

――母さんだ。



好きな人に「好き」と言うだけでなぜこんなにも大変なのだろう?
[PR]
by virulentseren | 2007-07-07 22:59
<< PRIME Winding Road >>