2007年 04月 03日 ( 1 )

マシンガントーク

更新回数が減ったのは自由がなくなった証拠。

次の更新はもしかしたら10日以降になるかもしれません。

打ち上げ2次会がありました。

午前中ボーリング。

事前に女子Aとメールで「ジュース1本勝負」をしかけていたセレン。

勝負!!

2ゲームしかやりませんでしたが

1ゲーム目スコア99

くそだるい

最後の最後でスペア出して100超え確定と思われた最後の一投でまさかのガーター。 

なんせボーリング2年ぶりだから感覚を取り戻せなくて・・・

というのは表向きの言い訳で、ホントは2日前に遠くのボーリング場で練習してのスコア。

そして女子Aのスコアは38 

ばりヘタクソ;そんなトコも可愛っ (´▽`*)

あまりにヘタクソだから調子に乗って30点のハンディを与えてやることにした。

すると2ゲーム目女子Aのスコア83!!

俺、113以上取らないといけないの?

負けるのはくやしいなぁ・・・カッコ悪いし。・・・・・・負けられない。

ストライク!ストライク!・・・スペア・スペア・スペア!

結果:128

やった。俺ちょっとカッコイイ。(殴

そして女子Aがジュースをおごろうとすると、

俺「あ、別にいいわ。女子におごらせるなんてできひんし。」

やった。俺かなりカッコイイ。(殴



マックで食事。女子Aからポテトをもらう。



続いてカラオケ。粉雪カンペキに歌いきる。

女子B「ようそんな高い声出せるなぁ」

やった。なんか調子いいぞ。

ハネウマもカンペキ。

歌い終わって拍手喝采。

やった。いいぞ俺!



ガストで夕食。

なぜか他に男子もいるにもかかわらず、

俺のテーブルには女子A/B/Cの3人と俺ともう1人男子。

なぜこんなことに?・・・

それは、男子の1人が男子の席に座りそびれて、1人だけ女子のテーブルに

いかざる終えなかった。

それを、女子たちは「かわいそうや」とわめく。

女子「セレン、一緒に座ったりぃやぁ」

俺「ぇー」ホントは行きたい

「かわいそうやん」

その男子を見て哀れむフリ「・・・ほんまやなぁ・・・かわいそうや」

「そうやろ!はい、こっち!」

嫌そうな顔をしてみせるも、抵抗はしない。

にぎやかな夕食でした.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+

話が止まらない。



ちょっとやそっとじゃ止まらない君のマシンガントーク。

見えるものだけ信じちゃだめだよ。見えないものを見なきゃダメだよ。

聞こえることだけ信じるよりも聞こえないことも聞いてかなきゃ。

言葉の裏側に隠されてる真実がちゃんと見えてるかい?

そういうことを忘れずにいれば・・・・・・・Oh Year!



そしてさよならの時間。

「ばいば~い」次会えるのはいつだろう。もうしばらくは会えないのかな。

この3組全員と。この女子たちとも。



家に帰ってからメールが来た「成人式の日にまた全員集まろう」

・・・成人・・・式・・・?

遠すぎる。。。もうそれまで会えないのだろうか。

そんなコトになってたまるか。

俺がこの夏にでもまた集まる提案をしよう。

みんな忙しいとは思うけど。

高校生の間にまた会いましょう、3組のみんな。

どうか、お変わりなく。。。



コメ返

哲c:ぶりっ子って可愛いやん。可愛く見せようと必死なトコあたりが特に。

霧c:追加しときました~。こんなんでいいんだよね。
[PR]
by virulentseren | 2007-04-03 21:38