<   2007年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

アゲハ蝶

朝一更新。今日から数日間帰省。

だいぶ前の哲cのブログを見て。

バトン俺にも回ってんじゃん。(遅



『色バ㌧』

★好きな色は?
オレンジ。または赤。なぜかって?俺に似合うから(殴

★嫌いな色は?
濃い黄緑。なぜかって?服として着てみたら気持ち悪そう

★携帯の色は何色?
赤。なぜかって?そのケータイの赤色がたまたまカッコよかったから

★あなたの心の色は何色?
今はバラ色もうすぐ灰色。

★回してくれた人の心の色は?
悪いが焦げ茶色。あの肌の色は印象的だぜ

★次の6つの色に合う人を選んでバトンを回して下さい。
(赤、青、オレンジ、ピンク、黒、白)

全部ギルメンで行こうか。回さないけど。

赤⇒RXPさん:なんとなく そしてシキョs
青⇒懐かしのPuruさん そしてキリンc・笥加良部c
オレンジ⇒俺、その次に死殺c(キモチュ)
ピンク⇒タラc:キャラの服の色的に
黒⇒闇c:名前が闇だから  
白⇒ヴァリュs:プリ→ナース→白衣の天使  そして憂四郎s


茶色は桜丸ホームページ管理者
f0061504_7415110.gif
f0061504_7425548.gif



~曲バトン~

ALL PORNOで行きます

■1■あなたのスキな曲&バンド名
アゲハ蝶 ポルノ ~あなたに会えたそれだけでよかった~
■2■朝聴きたい曲
Mugen 特にオーケストラバージョン ポルノ ~空駆ける虹を行こう~
■3■電車で聴きたい曲
ヒトリノ夜 ポルノ  ~そして今日も地下鉄に乗り無口な他人と街に置き去りね~
■4■学校で聴きたい曲
NaNaNaサマーガール ポルノ ~男子が馬鹿騒ぎしてる間も女子は~
■5■ランチtimeに聴きたい曲
アポロ ポルノ  ~みんながチェック入れてる限定の~
■6■眠たい時に聴きたい曲
音のない森 ポルノグラフィティ ~そしてまた歩きだそう~
■7■部活前に聴きたい曲
ネオメロドラマティック ポルノ  ~行こうか逃げようか~
■8■帰りに聴きたい曲
シスター ポルノグラフィティ  ~明日になったら会えるのかな~
■9■塾とか習い事に行く時に聴きたい曲
愛が呼ぶほうへ ポルノグラフィティ  ~いつも導かれているのでしょう~
■10■家に帰った時に聴きたい曲
winding road ポルノグラフィティ  ~温もり残ったままなら終われそうで~
■11■夜に聴きたい曲
ジョバイロ ポルノグラフィティ  ~夜が優しいのは見てみぬフリしてくれるから~
■12■お風呂あがりに聴きたい曲
ハネウマライダー ~僕が跨った風はいつもハネウマのように乱暴だけど~
■13■勉強中に聴きたい曲
DON'T CALL ME CRAZY ポルノ ~今に見てろ~
■14■寝る前に聴きたい曲
サボテン ポルノ  ~小さな花を咲かそう~
■15■今日の気分の曲
ヴォイス ポルノ  ~会いたくて 僕は此処に来たんだ なあそうだろう?~
■16■落ち込んでるときに聴きたい曲
ラック ポルノグラフィティ  ~凍っちゃうや 欠落感 欠落感~
■17■テンションあげる時に聴きたい曲
ミュージック・アワー ポルノ  ~君が夢を願うからミュージシャンを張り切って~
■18■卒業式に聴きたい曲
サウダージ ~あなたのそばでは永遠を確かに感じたから いつかまた会いましょう~
■19■大切なヒトに聴かせたい曲
幸せについて本気出して考えてみた ポルノ ~僕の姿は浮かんでる?~
■20■まわすヒト&聴いてもらいたい曲
ギルメン全員に、NaNaNaサマーガールとNaNaNaウィンターガールを
セットで聞いてもらいたい。


コメ返

霧c:デスヨネー(=・ω・=
[PR]
by virulentseren | 2007-03-28 17:48

Ouch!!

高校の資料に貼る証明写真を撮らにゃならん。

よし、ジャパンに撮りに行こう!

中に入る・・・金を入れる・・・・・・・・・

ピピーッ  

「返金します」



壊れてんじゃねぇの?



操作しなくちゃいけなかったんだねw

んなもん知らねーよ悪いか初めてだからしゃあねぇだろ

・・・・・・写真写り最悪っ;;

自分乙



ここ最近の自分の記事を見て思うに・・・

何を女色に飲まれとるんじゃぁセレン!!!

昔のお前はそんな色気などに惑わされるようなヤツじゃなかった!!!

なのになんだ今は?!浮かれとるんちゃうぞ!!!

・・・そのとおりでございます。(多重人格?)

いつまでも自由を手放したくないあまりに

現実から逃れたいあまりに

ついついメールしてしまうのであります。

もうとっくに自由は終わってるのに。

・・・結局、この数日女とばかりメールして何が残った?!机の上を見てみろ!!!

・・・はい。ええっと・・・まだ手をつけていない高校の宿題と、

まだ手をつけていない通信教育の教材と、

無駄に書き綴った高校での目標の紙切れです。

・・・紙になんと書いた?!

・・・ええっと、「バスケ部のエースになる!!文武両道!!」

・・・それだけか?!

・・・はい、それだけです。



見てるのは、今日じゃなく明後日ばっか。

まさにローマは一日にしてならず。




明日から生活を見直していこうと努力します。




コメ返

哲c:through・・・(ーωー
[PR]
by virulentseren | 2007-03-28 16:43

夜はお静かに

部活に再三お邪魔して帰りのファミマでガリガリ君を買い、

食べながら帰る。家についた瞬間、食べ終わる。

「ただいま」

ぁ、ガリガリ君当たりだ。

「いってきます」

このうっとうしいしとしと雨の中、セレンはガリガリ君のためだけに

チャリを飛ばしました。



メール「4月1日、打ち上げ2次会ボーリング、来れる?」

俺の返信「わかった絶対行く。」

時は移り、夜。

メール「打ち上げ2次会ボーリングやってな」

女子Aの返信「うん。私下手やけど、思いっきり楽しもうね」

俺「俺も上手くない・・・でも、うん、楽しめたらいいやんなb」

女子A「そうなん?セレン、ボーリングうまそうやのに。じゃあ、セレンには勝てるかな~?」

俺「勝負するか?ジュース一本賭け」

ホントはジュースおごってやりたい。でも、やっぱ負けるのはイヤ。カッコ悪い。

女子「いいよ♪あ、あと私が投げる時後ろに居たらボーリングの玉が飛んでくるかも

やから注意やで」

俺「大丈夫、そん時はキャッチしたる」

女子「じゃぁ、キャッチしてな♪」

俺が君のボールをキャッチした暁には、君の恋心をもキャッチしてみせる。



明々後日、ボーリング練習しに行ってきます。



誰にも気付かれないくらいに



遠く遠く、岡山の倉敷あたりで。
[PR]
by virulentseren | 2007-03-27 16:29

BLUE SKY

今日はバスケ部の送別試合がありました。

これは代々続いていて、後輩が先輩を送り出し、

先輩を最後に楽しませる、というものでした。

2年間、楽しませる側として送別試合を経験した俺に言わせれば、

今年の、つまり俺が初めて送られる側となる送別試合は、

過去最低の盛り上がりを見せました。

いや、これは後輩のせいではない。

まず、集合時間に体育館に行くとそこにいた新高一(つまり送られる側)は俺含め5名。

結局それ以上来ず、

今までずっと勉強でバスケから遠のいていた新高一5人

             VS

現役バリバリのバスケ部二十数人

というあまりに無謀な試合を、

体力が衰えている新高一には厳しすぎる、

8分4クォーターでやりました。

体が思うように動きませんでしたが何とか勝利。

35対36

なんというロースコア。そしてギリギリ1点差勝ち。

とりあえず、先輩が後輩に負けるようなことはあってはならない。

俺らの面目が保てて良かった良かった。

(果たしてたった1点差で面目が保てるかは疑問)



続いてスリースロー大会。

「フリースロー大会じゃないの??」

「はい、フリースローのように、スリーポイントラインから打ってもらいます」

セレンショック。

セレンの中学でのポジションはセンターだったので、

スリーポイントシュートなど打ったことはほぼありませんでした。

無情にも順番は回ってくる。

隣では女バド部が練習・・・・ん?こっち見てる・・・・外せない。

シュパッ!!

「入ったぁあああ!!!」

女バド部パワー強し。

その後もセレンは立て続けにシュートを決めていき、見事に①抜けを果たしたb

後輩「景品があります。1~10までの番号を、抜けた人順に決めてください。」

俺「ん~じゃぁ俺の背番号7だからやっぱ7」

後輩「はい、どうぞ~」ビニール袋を渡してきた。

あけてみる。

「ぉ、いい感じのTシャツ」・・・・・・・・着てみた。やたら小さい。

サイズ:XS・・・・・・・恨むぜ後輩

他の人は、バッシュケース、リストバンド、LサイズTシャツなど、

使えるものをもらっていました。

「ちょっと待て、俺最初に抜けたんやぞ?なのに・・・・・・もう1個ちょうだい」

セレンの意見は不採用。



とまぁ、こんなカンジで中学生活最後のバスケ部としての試合が終わった訳で。

俺らは次、高校に行く訳で。

そこでもまた、できる限り上を狙うわけで。





バイバイ、僕らの弱い少年の残骸を捨て、燦々と太陽が照らしだす元へと。

決して易しくない、てっぺんの青い空で、そしてまた登るべき頂を見る。




そして俺はこの言葉を後輩に送る。




冒険を始めたのは誰でもない自分で、舵を取る手、放す訳にはいかない。

キリキリ痛み軋む心の摩擦を、上々な気持ちにするのも自分だけ。



だから頑張れよb




コメ返

霧c:俺、刺身がダメなんだ;
[PR]
by virulentseren | 2007-03-26 14:14

ライン

最近、生活が不健康的になってきています。

それはつまり、一人部屋が出来たことと、女子とのメールが原因なワケで、

一昨日も昨日も、寝るのは3時を過ぎていました。

そして起きるのは7時とめちゃ早い。

それもつまり、毎日メールで起こされることに理由があります。

例えば昨日は男でしたが「受かった?」となぜか朝の7時ごろにメール来るし、

今日も男で「塾の祝勝会一緒に行こう!」と7時16分にメールが来る・・・。

忘れもしない7時16分。



そう、今日は塾の祝勝会!

塾では常に勉強をしてきたので、そこで遊びのようなことをする、

ということに違和感があってなかなか生徒(特に男子)はなじめてませんでしたが、

先生はテンション爆発状態。引くほどに。正直ドン引き。

飯も出たけど寿司でした。

俺、寿司嫌いなんだよな・・・玉子しか食えないし。。。

(●¬3¬)

全お盆の玉子のみをさらえました。みんながなんと言おうが知ったこっちゃない!



とまあ妙な楽しさの時間が過ぎて帰宅。

そこで初めてメールが着てることに気付くのさ。

女の子なわけよ。

今夜も寝るのが遅くなりそうだ。

それでも、気になるアイツには、なかなかメールが送れない。

そして今日も明日も・・・



暗い部屋の隅。ぼんやり光る液晶に浮かぶ、君のアドレス。

夜更け過ぎに話すほどの特別な話題など、

昨日までも、今日からも、僕には思いつけないで・・・。



いつでもやさしい君に会いたい。

「気の合う友達」。君が言うならそれで、

無邪気に惹かれ騒ぐ僕の心を憎めばいいんだろう。

好きになりたくなかった・・・。






ホントはこんなに深刻じゃないけどね。




コメ返

哲c:敵に回したかな・・・

   むしろ哀れんでほしい。勝手に思い上がってる男が一匹、と。><笑

霧c:ありがとう頑張りますb 
[PR]
by virulentseren | 2007-03-25 22:33

DON’T CALL ME CRAZY

本当に合格しました!

まぁ正直結果発表前に合格宣言をしていた俺にとって、

もし落ちていたらそれはもう面目丸つぶれだったわけですが、

とりあえずそうならずに済んでよかったですw

わが中学校から16名の生徒が俺と同じ高校で受けて、

受かったのは11人でした。

落ちた人数も受かった人数も過去最多、だそうです。



そして合格発表と共に自由が姿を消しました。

結構な量の宿題が出て、今日もバスケの誘いを断って1日中勉強していました。

あっという間に生活が元の受験生に戻ったようでしたが、

あきらかな違いは、一人部屋ができて、そこで勉強している、ということです。

なので、勉強と言いつつ、常に女の子とメールしてましたb

もちろんメールの合間に勉強もしましたよ。

だからなかなか勉強がはかどらない・・・。

ま、今日のところはこんなもんでいいか、と

勉強を投げ出し、今、PCに向かっています。



合格した時の心境は、「ホッ」でした。

正直、昨日の 間接キス や お手手重ね合い 程のビックリ感はありませんでしたね。

でもこれがどうしてもいい方向へ展開しないからダメなんだ。



一応メールで女子とこれは約束できた。

メール「俺、○○高校のバスケ部のエースになる!」

返信「セレンやったらいけるんちゃう?なれたら教えて!お祝いメール送る♪」

「そんなん言われたら自信つく↑分かった!楽しみにしてる!

 ついでに俺がキャプテンになったら、お前に電話、かけるから!!」

返信「ぅん!待ってる(ハート)」

よーし、絶対、エースになってやるぃ!!↑↑





I believe it 待っているんだ、稲妻に打たれるような啓示を。

まだ息を殺して、今に見てろ!!!




コメ返

霧c:どうも~↑↑ぁ~、でも、もう自由終わっちゃいましたよorz

   まだ楽しいことがいくつかあるのは事実ですがねw

   残りのそれらを十分楽しみます!
[PR]
by virulentseren | 2007-03-24 17:05

見つめている

クラスの「打ち上げ」と称して、ユニバ行ってきました。7時出発、23時30分帰宅。

まずジュラシックパーク乗る事になります。

俺、絶叫マシン乗れません。・・・そんなことは言ってられません。

友達に押され、乗せられました。25人で1台全席占めました。

おぉ、恐竜たち可愛い。・・・

あああぁぁぁぁなんかおッそろしげなところに来たぞ・・・・・。

あぁぁぁぁぁ上に上がってる・・・うわぁっぁぁティラノサウルス・・・

俺「あぁぁああもう無理ぃぃぃぃぃ!!!!」

ヒューン。ドッボーン。・・・

下に着いた時から、恐怖からか水にぬれた寒さからか、震えがとまりませんでした。



続いてターミネーター。

うわ、なんかロボットが飛び出してきた・・・・

・・・

あれ?

止まった?

アナウンス「皆様にお知らせとお詫びを申しあげます。只今、器械の故障につき・・・」

「えええええぇぇぇぇだるー」

結局、「並ばずに1アトラクションに乗れる券」をもらって退場。



次は夜のジョーズ。

ライトアップされた海面が不気味に青く光って、

その中から不気味に照らされたジョーズが飛び出して来る・・・

隣に居た女子A「ギャー!!!」俺にしがみつく

俺(え、、、)・・・ドックンドックン   d(゜ω゜*)

そして出てから女子たちはスティックのお菓子を買いましたが

女子B「セレン、これ、まぢおいしいで、上げるわ、うち、気にせぇへんから」

俺「ぁ、まぢ?、うん、ありがとう、俺も、うん、気にせぇへん」「パク」  d(゜ω゜*)



よし、もう一回ジュラシックパーク行こう!

移動途中なぜか隣に女子C。話しかけてくる。。。  d(゜ω゜*)

2回目のジュラシックパークは、もう俺も慣れていて、両手離しで写真に写りました。

しかし、その寒さと、やはり恐怖で震えていると、

またも隣に居たのは女子A。俺の手の上に手を乗せてきた。  d(゜ω゜*)

俺「お前、手ぇ、あったかぁ!」と言って俺も反対の手を女子Aの手に重ねる。

すると、女子Aはなんと、さらにもう一方の手を俺の手に重ねて・・・  d(゜ω゜*)

  
気がつくと、時計はもうPM9時。閉園です。

なんか、あっという間に時間が経ったなぁ。

気付いた事は、本当に、俺たち3年3組は最高のクラスだった、ということ。

陰キャラだと思って偏見で見てしまっていた女子たちも、結局最後まで残っていたし、

なんていうか、なんでもっと早く、このクラスが良かったって事に、

俺が陰キャラだと思ってた女子も陰キャラではないって事に、

気がつかなかったのでしょう。

なんでもっと早く・・・・・・。

こんないい仲間に出会えたって気付いたのに、

今日を過ぎるともういつ会えるが分からないなんて・・・

そんなことを考えていると、うっかり涙が。

そんな時、隣に居たのはまたまた女子A。

なんか積極的に話しかけられる。。。d(゜ω゜*)

「カシャッ」音に気付き後ろを振り返る。

男衆がニヤニヤ。「セレン、いい写真撮れたでぇ」

ま、別にいいけど。

「いろんな人にまわそ。」ぃゃそれはやめて・・・



そして気付いたこと。俺ってモテてたんだ。(蹴

赤長Tシャツ、黒ジャケット、白Gパンという服装で最初の駅でみんなと会ったときの

みんなの第一声も「かっけぇ」だったし。



とまぁうぬぼれ話はここまでにして、

セレンは結局ユニバで何をしたんだろう?

そうだね、複数の女子といちゃいちゃしたんじゃない?




もういいよ、じらさないでおくれ。思い切って、「好き」と言えばいいさ。

たまに見せる、冷たい視線がイイネb

それはきっと恋のサインなのさ。




コメ返

哲c:「いかにも」。 いかにもたこにも足がある。

   今日ベットが来て、俺の部屋完成b
 
   ただ、部屋で過ごして気付いたこと、それは、俺の部屋、北側で、

   やたら寒いということ。うらやましい?

霧c:すばらしいこと言いますなぁb
[PR]
by virulentseren | 2007-03-23 08:19

フィルムズ

突然ですが、人生初の一人部屋ができました。

高校生になるまで1人部屋を持ったことのなかったこの悲しさ・・・

今まで、妹がいたため、部屋は常に妹と兼用、

しかもふすまを取り外され、リビングと直結、 

というより、もはやリビングの一部のような部屋で過ごしていたんです。

それが、やっとしっかりとしたドアの付いた、一人部屋に移ることになったのです。

鍵は付いていませんが、親は鍵を付けるつもりはさらさらないようです。

これでやっと一人で、あ~んな事や、こ~んな事ができるようになりますっ!!

どんな事をするのかって??秘密ですよb

とりあえず、「①人→□ ②人→□ (□には異なる漢字が1字ずつ入ります)

①人によって作られたもの②人の数」

なことは、しない、うん、しないしない。。。



一人、部屋の中でケータイをいじくる。(これは、俺のあこがれの行為でもあった!)

家族の会話、笑い声が、遠くの方で聞こえてくる。

少し、悲しくなりました。



いつもそばに居てとグズる子供らが母の細い首にすがるのは、

いつか一人きりになる時を心のどこかで恐れているのでしょう。

悲しいことに間違っていなかった。



部屋をよく見回すと、僕は1人じゃないぞ。

ケータイのストラップを見よ!

妹が男友達からたかってきた、スティッチがついているじゃないか!

6号と7号のバスケボールがそれぞれ室内外、計4個のボールがあるじゃないか!

「ボールは友達」中学校の頃のコーチがよく言ったもんだ。

「部屋の中でボールと遊びなさい。暇なときはいつも。

そうすれば、ボールが手に付くようになり、上手くなれる!」

そうだ。僕は独りじゃない。



と、かなり大きな事を言い、あたかもパソコンまでがMyルームにおかれ、

家族との接触がほぼ皆無になったような錯覚を与えたかもしれませんが、

実はパソコンは未だに旧俺の部屋(妹の部屋と俺の区域)にあり、

ブログを書く今、俺は家族に囲まれています。

でも、書き終えるから、これでまた独り、じゃなく一人です。

ダイジョウブ、「不安」よりも断然、「希望」のほうが大きいから。



ちょっと大人に近づいた錯覚に陥った日でした。
[PR]
by virulentseren | 2007-03-21 18:54

メリッサ

鏡で自分の顔をまぢまぢと見つめる。思う。

「俺って、ちょっと前歯が出てきたかな?」

・・・棒付きキャンディーはその時から封印しました。



メールが来た「明日バスケコートの公園でバスケしよ」返信返す「おk」。

部活シックには二度とかからない、とさえ思えてきました。

メールが来た「ユニバ行こ」返信返す「おk」。

またクラスメイトに会えることになりました。

最後のお別れ会の時に初めて「いいクラス」だと気がついた

俺にとってとてもうれしいことでした。

「いつ行くん?」「22日」結果発表の前日か。

そう考えると、明後日、それは、ユニバに行く日。

それは、結果発表の前日。そして、俺のつかの間の自由が終わる日。

自由は走り出していた。そしてまた新たな「束縛」へとバトンを渡すのでしょう。

終わる瞬間に一瞬、光る。最高の楽しさは、自由の最後に。




消えてゆく瞬間にわずか光る。今、月が満ちる夜を生み出すのさ。
[PR]
by virulentseren | 2007-03-20 20:25

ジューンブライダー

春はあけぼの。やうやう白くなりゆく山ぎわ。



今日はバスケ。

なぜなら、セレンが部活シックにかかっているから。

しかし、部活シックは、その症状が出る前に解消できる。

メール「部活いこ」返信「部活の前にバスケコートのあるあの公園でバスケしよ」→「了解」

かくして、今日はとことんバスケの1日となった。

半年ぶりにボールを触った。



昼飯はミニコープ。おにぎり3つ・から揚げ。

「お箸はいりせんか?」「ぁ、はい、いります」という過程を過ぎたのにもかかわらず、

セレンの袋には箸が入っていなかった。

友「手で食えよ」俺「しゃあねぇなぁモグモグ・・・」

友「犬食い?!」

文句あっか?自分の手ぇ見てみろよ

ぁ・・・外でバスケをしたからどろんこだ。。。



学校に私服。先生に止められる。

「3月31日までは渋中生だから、制服じゃないとだめだ!」

俺「そうなんすか?知らんかったわ。じゃあ次からそうしやす」軽く乗り切る。

正直先生も「形式だけ」の注意だったらしく、しつこくは言ってこなかった。


職員室に侵入。先生方に歓迎される。体育館へ行く。後輩どもに歓迎される。




俺の居場所は、この学校内にまだ数え切れないほどあるんだなぁ。







華やいだ人の祝福に包まれて胸に募る「幸せ」というこの想い。
[PR]
by virulentseren | 2007-03-19 17:41